ストーリー

 

サイトをご覧いただきありがとうございます。

コミュニケーションデザイナーの東ヤスオです。

 

 

ぼくは現在は主にプロのコーチとして活動しています。

コーチング以外にも、企業やチーム向けにファシリテーションなども行っています。

 

一対一で行うパーソナルコーチングも、

企業やチームに対するファシリテーションも関わり方は違いますが、

「コミュニケーション」というものにフォーカスをした仕事をしています。

 

 コミュニケーションデザイナーとは?

 

ぼくは自分のことを【コミュニケーションデザイナー】と呼んでいますが、

そもそも「コミュニケーションをデザインする」ってどういうことでしょうか?

 

 

コミュニケーションとは、

「人と人とが言語や文字などを通して、

互いに情報伝達をしたり意志の疎通をすること」です。

 

一方通行ではなく、双方向に行き交っているというイメージですよね。

 

 lgf01a201303021600

 

ぼくが考えるコミュニケーションとは、

もちろん対人関係におけるコミュニケーション、という意味合いもありますが

まずは「自分自身の声を聞き、自分自身と意思の疎通を図る」ということです。

 

 ・自分が本当にやりたいことは何なのか。

 ・自分がやりたくないことは何なのか。

 ・自分は本当はどんなふうに生きていきたいのか。

 ・自分が心から願っていることは何なのか。

 ・自分はどんな価値観を持って、どんな価値観を大切にしたいのか。

 

 

その人自身が自分の声に真剣に耳を傾けること。

声が聞こえていないフリをしないで、素直に受け止め、行動していくこと。

 

そこから全ては始まっていくと思っています。

 

 

それをサポートすることこそが、

コミュニケーションデザイナーである、ぼくの役割です。

 

  サラリーマン生活 ~「それなり」に不安を抱える日々

 

今でこそぼくは、プロコーチやファシリテータなど、

本当に自分がやりたいことを仕事にしていますが、

ほんの3年ほど前までは、モヤモヤの日々を過ごしていました。

 

 

毎朝決まった時間の満員電車に押し込まれ、

会社近くの決まったコンビニで朝食のパンと野菜ジュースを購入。

午前中は会議とメールの処理、午後からは営業で外回りへ。

 

 lgf01a201407302300

 

夕方には会社に戻ってきて、打ち合わせと書類作成。

ほどよい時間になると、会社の先輩や後輩と一杯飲みに安めの居酒屋へ。

 

 

そんな日々を送りながらも、

事あるごとに自分の未来について、考えるようにとなっていきました。

 

 「自分が本当にやりたいことはこの仕事なのか?」

 「自分は何に情熱を感じるのか?」

 「自分の強みって何なのか?人より優れた部分って果たして…?」

 

今の仕事は別に嫌いじゃない。

「それなり」に楽しくもやっているし、「それなり」に給料ももらえる。

 

帰りの時間は遅いけど、基本的に土日は休めている。

激務で体を壊すわけでもないし、不満が爆発するようなこともない。

 

 

うん、まあまあ・・・。

 

でも・・・その「それなり」の日々に不安が芽生え出したのです。

 

 

このまま時間が過ぎて年老いていくのかな?

なんて漠然とした不安をいつも抱えていました。

 

 

満足度が低いのかどうかは分かりませんが、

100%自分を出し切って人生を生きているのかと言われれば、

 

その答えは明白に「NO!!」でした。

 

 人生の転機 ~東日本大震災・コーチングとの出会い

 

ある日のこと、Twitterでふとしたきっかけがありました。

 

何気なく見ていた自分のタイムラインにて、

とあるプロコーチの方のつぶやきが目に入ったのです。

 

 

これまで「コーチング」という言葉自体、

ビジネス誌で目にしたことがある程度でしたが、

この時の何気ない出会いが、ぼくの人生を一変させていくことになろうとは・・・。

 

 

その矢先の出来事でした。

2011年3月11日、東日本大震災。

 

今までよりもリアルに、真剣に自分の生きかたを思い、

自分自身の心と向き合う時間が増えていきました。

 

「自分の人生は、果たしてこのままでいいのか・・・?」と。

 

今思えば、その時が「自分自身とのコミュニケーション」の始まりだったと思います。

 

 

このままの人生でいいわけなんてない!と思ったぼくは、

そのTwitterで見かけたコーチと連絡を取り、

サンプルセッションを受けてみることにしたのです。

 

 

初めて受けるコーチングセッション。

不安と期待をごちゃ混ぜにして、向かったのはとある新宿のカフェ。

 

この機会を逃したくないと思ったぼくは、

深く考えることなくコーチと正式な契約を結びました。

 

コーチングにおいても大切な直感が、この時にも降りてきたのだと思います。

 

 

こうして月2回のコーチングセッションが始まりました。 

 

そしてコーチングを初めて受けてみた時、

 

 「こんなにも自分の話を聞いてくれる人がいた!」

 「セッションの時間は、自分のためにあるんだ!」

 「評価や判断をされることなく、好奇心を全開にしてただそこにいてくれる!」

 「自分でも気づかなかった、長所をいっぱい認知してくれる!」

 

と、今までの人生では、ほとんど経験がないような感覚がありました。

 

 

そしてコーチからの、「本当はどんな未来を望んでいるのですか?」という問いに、

ポロポロ、ポロポロと、何の制限もない自由な未来がたくさん出てきたのです。

 

 

「その未来を選択するかどうかは、あなた次第。さあ、どんな一歩を踏み出しますか?」

 

というコーチの言葉に、

 

ぼくは、「自分の人生は、自分で自由に選べる」ということに、衝撃を受けたのです。

 

lgf01a201403060500 

 

今まで自分を制限していたのは、他でもない自分だったのです。

 

セッションでは、仕事・キャリアについてはもちろん、

大切にしたい価値観や感情・自分自身の在り方など、色々なテーマを取り扱いました。

 

 

そしてぼくのすべてが順調に回り始めました、

といいたいところですが、そんなに現実は甘くはなかったのです。

 

 チャレンジと失敗の繰り返し ~諦めが頭をよぎる

 

コーチングを受けて半年ほど経った頃、

徐々に自分自身とのコミュニケーションが円滑になり、

自分が大切にしたいことや、やりたいことが明確になってきました。

 

しかし、具体的にどうすればいいのかが全く分からなかったのです。

 

 

自分が大切にしたい価値観は分かった。

仕事でこんな経験をしてみたい、ってことも分かった。

 

「で、どうしたらいいの??」

 

というような感じだったのです。

 

 

自分の価値観をできる限り尊重しようとしてみても、

周りの目を気にしてしまって、自己犠牲を続ける日々。

 

自分が望むような業務をしようとしてみても、

周りに流されてしまって、なんの変わり映えもない日々。

 

 

自分の人生って、自分で自由に選択できるはずなのに・・・。

 

 lgf01a201404111100

 

変化しようとしても、結局元の場所に戻ってきてしまう。

 

 

そんなチャレンジを何度も続けてみましたが、

何も変わらないことに、嫌気がさして

 

「もう諦めよう」

「やっぱり変わるわけがない」

 

という気持ちになっていったのです。

 

 視点が変わると、世界が変わる ~囚われていた思い込みに気づく

 

明確になった「理想」と「現実」の境界線。

 

「理想」の世界で、生きたい。

「現実」の世界で、生きなければならない。

 

いつしかまったく異なった2つの世界として認識するようになりました。

 

 

そんなある日のセッション。

ふとマイコーチが口にした言葉に、ぼくは唖然とさせられました。

 

  あなたは、「理想」の世界や「現実」の世界って言うけれど、

  そんな境界線なんて、本当にあるのですか?

  あなたがそう思い込んでいるだけで、

  本当は「理想」の世界が、「現実」の世界ではないのですか?

 

 

この時、ぼくの中で何かが大きく変わりました。

暗闇に光が差し込むって、こういうことか、と。

 

 lgf01a201411171300

 

同時に、

自分で自分の可能性を制限していたことに、ショックを受けました。

 

 

ただ自分がそう思い込んでいただけ。

 

それだけでこれだけ考えや行動が制限されてしまっていたことに。

自分で勝手に思い込んで、がんじがらめになっていたことに。

 

 

無限の選択肢がある中で、

何を選択するのか、何を選択したいのか。

 

 

視点が変わり、世界が変わった瞬間でもありました。

 

 コーチングを受けて得られたもの ~明確になった願い

 

コーチングセッションを受けて、

ぼくの本当に願っていることが明確になりました。

 

 

長い間、ぼくの根底にあった願い。

それは、

 

 自分のワクワクを大切にできますように。

 自分が生きたい人生を、生きていけますように。

 明日死んでも、悔いが残らない生きかたができますように。

 誰かへの貢献ができますように。

 

 

そして、「人の笑顔と可能性」にも、

大きく心が響くことに気付きました。

 

 

関わった人たちの人生が、笑顔のある方向に進んでいく。

その人が人生を選択するその瞬間に、共に立ち会うことができる。

勇気を振り絞って立つその姿に、無限の可能性を垣間見る。

 

lgf01a201307140600

 

そしてそれは、コーチという職業に舵を切った瞬間でもあり、

コーチングに出会ってから9ヶ月目の出来事でした。

 

 

その後もコーチングの学びを深め続け、2014年9月、

米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ®・コーチ の資格を取得しました。

 

 人生の目的 ~これから創っていきたい世界

 

ぼくは今、コーチという職業に就き、

クライアントさんが本当に願っていることや、

真実を口にする瞬間に立ち会うことが、これまでも何度となくありました。

 

その度、例えようがない程に感動し、時には涙が流れることもあります。

 

 

コーチという職業で得られる喜び、

それと同時に、ぼく自身が生きたい人生を自ら選択できているということ。

 

 

ある意味では困難な道を選んだのかもしれません。

妥協することなく、本気で生きていくことを自分に約束したのですから。

 

 

もちろん嬉しいことばかりではありませんが、

人生を味わい尽くしている感覚がいつもあります。

 

表も裏も、陰も陽も、両方大切なのです。

 

favicon

 

ちなみにこの陰陽図、ぼくにとって特別なもので

いつも大切なことを思い出させてくれます。

 

 

ぼくは毎日を「楽に」生きていきたいと思っています。

これは何の努力もせず、なんとなく無難に生きていくという意味ではありません。

 

自分が言いたいこと、やりたいことに正直になって生きていくことです。

 

我慢なんてする必要はないし、人の目を気にして自分を犠牲にする必要もありません。

 

 

そのためには、自分だけの「自分」取扱説明書が必要です。

 

そこにはどんな説明がされているのでしょうか?

もしかしたら、まだ知らない武器や強みがいっぱい載っているのかもしれません。

 

 

そして、その説明書と行動力が掛け合わさったとき、

自分だけの人生を、楽に強く生きていけるのです。

 

 

ぼくにとってのコーチングは一つの手段にすぎません。

コーチングをすること自体が目的ではないのです。

 

 lgf01a201410070900

 

ぼくの人生の目的は、

「人が自分らしく生きていくその強さに、光を当てること」です。

 

人生に変化を起こすことは怖いことです。

 

でも勇気を持って行動を起こすことで、しかるべきタイミングで必ず変化していきます。

そしてそれは強く生きていくことでもあります。

 

そんな瞬間を、ぜひ共にさせてください。

 

 

思ったこと、言いたいこと、感じたこと、やりたいことが制限されず、

自分らしく自分の気持ちに100%正直でいること。

スペースを感じながら味わい深く生きていくこと。

 

誰もが内に秘めるそんな思いが、「今」に叶うことを願っています。

 

誰もが自分らしく強く生きていけますように。

誰もが自分自身とのコミュニケーションを大切にできますように。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ぼくのコーチングを受けてみたいと思われた方は、

こちらよりお申し込みください。

 

lp_01lp_04

お名前
(※姓のみでOK)

メールアドレス

 
 
 

RETURN TOP
東ヤスオの無料メルマガ「毎日を楽に生きるヒント」

サンプルセッションお申込みフォーム

レゴシリアスプレイ

 コミュニケーションデザイナー/東ヤスオ

コミュニケーションデザイナー/東 ヤスオ

1975年 大阪府藤井寺市生まれ
東京都三鷹市在住


▼LEGO® SERIOUS PLAY®トレーニング修了
 認定LSPファシリテーター
▼米国CTI認定
 プロフェッショナル・コーアクティブ®・コーチ


経歴・プロフィールはコチラ

このブログを始めた理由はコチラ


東ヤスオfacebook 東ヤスオtwitter 東ヤスオgoogle+

ラジオトーク番組「Orange Tree」

RADIO「Orange Tree]

プロコーチのヤスオとまゆみんがコーチングやコミュニケーションについて、「楽しく・ゆるく・分かりやすく」をモットーに語っているラジオトーク番組です。

オススメの書籍

戦略を形にする思考術: レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる

 2016年7月発売/ロバート・ラスムセン著



エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 2014年11月発売/グレッグ・マキューン著



不変のマーケティング

 2014年2月発売/神田昌典著