USEN様が発行する会報誌に掲載決定!レゴ®シリアスプレイ®メソッドの可能性とその役割について

この記事は2分で読めます


 

こんにちは。

レゴ®ブロックを片手に全国を練り歩いている、東ヤスオです。

 

さて本日。

とあるご縁がきっかけとなり、

有線放送サービスを提供する「株式会社USEN様」が発行する会報誌に

記事広告を掲載して頂くことになり、USEN様本社内の会議室にて

パシャパシャ撮影されながらのインタビューをして頂く日となりました。

 

編集者さん、カメラマンさん、ライターさん等と

過去一緒に仕事をしたことは多々ありますが、

(デザイン制作会社のプロデューサーとして10年のキャリアがあるもので)

まさかぼく自身がそのインタビューの対象者になるというのは、なんだか不思議な感じですね。

 

で、それはどんな会報誌かと言いますと、

有線放送サービスが導入されている企業様向けの会報誌でして、

BGM音楽を始めとする、快適なオフィスの空間デザインをサポートするためのものです。

 

もう少し簡単にいうと、

オフィスをもっと快適にするための提案や事例紹介が掲載された会報誌、ですね。

 

そこでぼくが普段から企業様や組織向けに実施している、

レゴ®シリアスプレイ®を活用したワークショップ型研修についてご紹介させて頂きました。

 

 

オフィスをもっと快適にするためには、

ハード面とソフト面、その両方のアプローチが必要です。

ハード面とはいわばオフィスの物理的環境のこと、ソフト面とはそこで働く人たちのことです。

 

レゴ®シリアスプレイ®メソッドには共に働く人たちを繋ぎ、

思いを共有することで、コミュニケーションをより円滑にするためのヒントがたくさんあります。

 

オフィスで隣に座っている仲間が、

どんな仕事をしているのか、どこのお店を担当しているのかを知っていても

どんな思いで仕事をしているのか

仕事でどんな未来を実現させたいと思っているのか

なんてことを語られることはほとんどありません。

 

頭でっかちでとっつきにくい上司が

何を考えているのかよく分からない部下が

どんな思いや願いを持って仕事をしているのか、ご存知でしょうか?

 

人は、お互いの持つ思い(ストーリー)を共有すると、

心的距離が近くなる性質を持った生き物です。

 

そういう意味で、快適なオフィス環境を構築する上で、

ソフト面に焦点を当てたぼくの活動はきっと何かの役に立つと信じてやみません。

 

今回のインタビューで、

レゴ®シリアスプレイ®メソッドを通して実現させたい未来や、

自分が大切にしている思いなどを存分に語らせて頂き、

さらにその場にいるスタッフさんに急遽体験をしてもらいました。

 

ご縁が巡り、今回の東ヤスオという人間へのインタビュー記事が、

まだ見ぬ人たちと繋がり、今後時間を共にできる一つのキッカケになれば嬉しい限りです。

 

レゴ®シリアスプレイ®についての詳しいサービス内容は

こちらをご覧になってください。

 

ではまた!

 

lp_01lp_04

お名前
(※姓のみでOK)

メールアドレス

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
東ヤスオの無料メルマガ「毎日を楽に生きるヒント」

サンプルセッションお申込みフォーム

レゴシリアスプレイ

 コミュニケーションデザイナー/東ヤスオ

コミュニケーションデザイナー/東 ヤスオ

1975年 大阪府藤井寺市生まれ
東京都三鷹市在住


▼LEGO® SERIOUS PLAY®トレーニング修了
 認定LSPファシリテーター
▼米国CTI認定
 プロフェッショナル・コーアクティブ®・コーチ


経歴・プロフィールはコチラ

このブログを始めた理由はコチラ


東ヤスオfacebook 東ヤスオtwitter 東ヤスオgoogle+

ラジオトーク番組「Orange Tree」

RADIO「Orange Tree]

プロコーチのヤスオとまゆみんがコーチングやコミュニケーションについて、「楽しく・ゆるく・分かりやすく」をモットーに語っているラジオトーク番組です。

オススメの書籍

戦略を形にする思考術: レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる

 2016年7月発売/ロバート・ラスムセン著



エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 2014年11月発売/グレッグ・マキューン著



不変のマーケティング

 2014年2月発売/神田昌典著