花粉症対策!体の免疫力を上げる健康法について。

この記事は2分で読めます


 

こんにちは。

コミュニケーションデザイナーの東ヤスオです。

 

昨年あたりにアレルギー検査にてすぎ花粉症が判明してしまい、

こんなに鼻水とくしゃみが出るものなのか、と戸惑う日もありました。

 

で、極力薬は飲みたくないので

自力で治す、もしくは症状を軽くするためにいろんなことを試しています。

結果、今のところずいぶんと楽な日々が続いています。

 

花粉症対策として、

巷ではヨーグルトがいい!とか紅茶がいい!とか噂はいろいろ聞きますが、

今回は自分が普段取り入れている、花粉症対策に限らない健康法について、

まずは紹介していきます。

 

 対策その1「体を温める」

 

『体温が1℃下がると体の免疫力は30%以上低下し、

逆に平熱より1℃体温が上昇すると、免疫力は一時的に5~6倍になるといわれている。』

石原結實著「「食べない」健康法」PHP文庫より

 

という医学的な見地より、人間の元々持つ自然治癒力を発揮すべく、

自宅では、腹巻&レッグウォーマー&ひざ掛け&湯たんぽ&入浴&生姜紅茶で

冷え対策に余念がありません。

 

これは花粉症に限らずぼくにとって非常に効果的で、今年の冬は風邪知らずでした。

 

 対策その2「食べ過ぎない」

 

これも「体を温める」欄で紹介した書籍より、

『病気になると、「食欲不振」という「強制的な空腹」状態を作り、

免疫力を上げて、病気を治そうとする。それがいわゆる自然治癒力の一つである。』

とあり、自分の食生活を見直しました。

 

朝食は人参リンゴジュース、昼食はそばやうどん(ネギ多め)、

夕食はまあまあ自由に(お酒あり)です。

 

さらに自宅でご飯を食べる場合は、雑穀入り玄米で腹八分目を意識しています。

 

厳密にいうとそれほどかっちり守っているわけではないですが、

(それに縛られすぎてしまうとストレスを過度に感じるので)

ほどよく自分が調子がよくなるようなペースに落ち着いてきました。

 

今年の冬に風邪をひかなかったのは、

この「食べ過ぎない」も大きく影響していると感じています。

 

 対策その3「適度な運動」

 

これも体を温めることに繋がっていきますが、

体温の40%以上は筋肉の運動が生まれるらしいのです。

 

さらに、筋肉の70%は腰から下にあるので、

下半身の運動をする方が体を温めることに効率的のようですよ。

 

ぼくは毎日最寄駅まで15分程自転車に乗っているので、まずまずかな。

あとは時間のある時に自宅で腹筋とスクワットもしています。

 

やはり一朝一夕で体質が劇的に変わることはないので、

トライ&エラーを繰り返し気長に継続していきたいと思います。

 

 

花粉症対策については、この他にもいろいろ周りの方から教えてもらいましたので、

こちらの別記事にて紹介しています。

 

lp_01lp_04

お名前
(※姓のみでOK)

メールアドレス

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
東ヤスオの無料メルマガ「毎日を楽に生きるヒント」

サンプルセッションお申込みフォーム

レゴシリアスプレイ

 コミュニケーションデザイナー/東ヤスオ

コミュニケーションデザイナー/東 ヤスオ

1975年 大阪府藤井寺市生まれ
東京都三鷹市在住


▼LEGO® SERIOUS PLAY®トレーニング修了
 認定LSPファシリテーター
▼米国CTI認定
 プロフェッショナル・コーアクティブ®・コーチ


経歴・プロフィールはコチラ

このブログを始めた理由はコチラ


東ヤスオfacebook 東ヤスオtwitter 東ヤスオgoogle+

ラジオトーク番組「Orange Tree」

RADIO「Orange Tree]

プロコーチのヤスオとまゆみんがコーチングやコミュニケーションについて、「楽しく・ゆるく・分かりやすく」をモットーに語っているラジオトーク番組です。

オススメの書籍

戦略を形にする思考術: レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる

 2016年7月発売/ロバート・ラスムセン著



エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 2014年11月発売/グレッグ・マキューン著



不変のマーケティング

 2014年2月発売/神田昌典著